知っておきたい内祝いの常識

出産内祝いにもマナーがあります

出産は子を生んだ親にとってもその家族にとってもとてもうれしいことです。その出産をすると周りから出産祝いをもらうこともあるでしょう。これは周りからの祝いの印なのですが、これをもらったら出産内祝いを返すのが常識です。出産内祝いは出産祝いをいただいた方へのお返しなのですが、これにはマナーがあります。
まず貰ったものと極端に価値が違ってはいけません。例えば高級なベビーカーなどを貰った場合や高額なお金をいただいたときに適当なお返しをしてしまったら失礼です。だいたいの目安は貰ったものの半額ぐらいの価値をもつものだそうです。相手も気持ちだと思っているでしょうが、明らかに不釣り合いなものだと不快な気持ちになってしまいます。
他には相手に使ってもらえそうな物を送りましょう。自分の趣味を相手に押し付けたり、特定の人しか好みそうにないものは貰った側にとって迷惑になってしまいます。タオルや石鹸など日常の生活に取り入れることができるものは誰でも使う可能性があるので、ぜひ選ぶときはそういったものを探してみてください。
出産内祝いのマナーを知らずにいると相手を不快にさせてしまうかもしれません。なので出産するときには出産内祝いのことも考えておいてください。

出産内祝いは産後に用意でも大丈夫

出産後は親類や友人、ご近所の方など、赤ちゃんに一目会いたいと来客が多くなりがちです。その際に出産祝いを頂くことも少なくないと思いますが、お返しにあたる、出産内祝いはいつ用意するべきなのでしょうか。
出産前に検討する方もいらっしゃると思いますが、慌てずに産後に用意しても問題ありません。どんなお店なら扱っているか、どんなものがあるのか、といった情報収集をしておくことは無駄ではありませんが、誰からどんなものを頂くかわからないのに、事前に用意することは難しいからです。
出産内祝いは産後1ヶ月のお宮参りの時期や出産祝いを頂いてから2ヶ月以内に贈るのが目安になるため、赤ちゃんの1ヶ月検診が済んだあとに検討を始めても間に合います。また、産後1ヶ月は体調が気がかりであったり、慣れない育児で家に籠もりがちですが、1ヶ月検診が無事に済めば、どのママさんでも赤ちゃんを誰かに預けて外出したいという意欲が強くなります。家族に預けて、内祝いを選びに行くことはママにとって気分転換にもなりますし、社会との繋がりを呼び戻す機会にもなります。
もちろん、赤ちゃんを預けて外出が難しいママさんは、焦らなくてもインターネットやカタログを利用した通販で購入もできます。赤ちゃんが寝ている間に商品を選ぶのも一つの楽しみになります。
出産前は家族や自分のために貴重な時間を使い、産後の気分転換に出産内祝いを検討してはいかがでしょうか。

新着情報