実用性のある品を計画的に選定

出産内祝いは使い勝手のいいものを

出産のお祝いとして何かを頂いたとき、お返しには正直悩みます。親戚や親、兄弟姉妹、友人に仕事関係の方々…。お返しするにも同じもので揃えたいところですが、なかなかそうはいかないかもしれません。頂く金額によってもお返しが変わってきますしね。自分が頂く内祝いはバスタオルやら洗剤やらの時が多かったです。私は仕事関係の上司や先輩には無難にバスタオルにしました。友人や親、兄弟姉妹はもっとフランクなものにしようと思い、お茶、コーヒー、ジュース類、美味しいと評判のお菓子などなど…。正直迷った覚えがあります。
いわゆるギフト店へ行き、親用、仕事関係用、親戚用、友人用と選びました。悩みますし、今ではネット販売、通販もありますし、品物もいいものがありますが、私はギフト店で上司であっても失礼でないようにと思うのと、すぐに用意できてしまうので、近くにギフト店がありましたら一番用意しやすいかなと思います。
ただ、近くにそういうお店がなければ、出産後すぐには遠くへ出掛けることも赤ちゃんやお母さんにも負担が多いのでネットや通販もありですね。
内祝いは実用的なものがいいですが、それよりなによりも感謝の気持ちを返すことも大事なことです。自分達に負担のない形を選べるといいですね。

内祝いはしっかり準備しましょう

出産を終えると毎日赤ちゃんのお世話で手一杯になります。
出産内祝いは妊娠中にある程度準備をしておくことをお勧めします。
妊娠中にすでにお祝いを頂いた場合は、ポピュラーな出産内祝いギフトに関する大体の値段を調べてリストにしておきましょう。
内祝いの相場はだいたいお祝いで頂いた物の、半額から1/3でいいでしょう。
品物は贈る相手によって変えるといいと思いますが、相手がもらって困るものは避けましょう。
雑貨や小物、食べ物は好みがあるので贈る際は注意が必要です。
食べ物は、受け取りに時間がかかることもありますので、賞味期限の早いものも避けた方がいいでしょう。
コーヒーやお菓子などが無難でよく選ばれています。
また、赤ちゃんの名入れのギフトも、食べ物なら消えてしまいますが、雑貨は残るのでその後の使用に困る人も多いようです。
内祝いをする時期はだいたいお祝いを頂いてから1か月以内、またはお宮参りが終わってからまとめて行うでもいいと思います。
内祝いを贈る時は、熨斗をつけます。
熨斗は紅白の蝶結びです。表書きは「内祝」「出産内祝」とし、子供の名前にして出すのが一般的です。
最近は珍しい読み方の名前も増えていますので、ふりがなもつけるといいでしょう。
赤ちゃんが生まれてからデパートなどに出かけて手配するのはとても大変です。
お返しの量が多い場合などはネットも上手く利用すると手配しやすいです。

新着情報